キッチンパネル

■キッチン周りの清潔さを保つキッチンパネル

以前はタイルで施工することも多かったキッチンの壁ですが、お手入れのしやすさなど、キッチンを清潔に保つことができるという点で、キッチンパネルの施工がご家庭で増えています。パネルとして扱う素材によってメンテナンスのしやすさや見た目の違いはありますが、「コンロの火から壁を守る」という意味でも重要な役割を果たすため、しっかりとしたキッチンパネルを選びたいところです。

DIYでも可能ですが、下地処理なども必要な場合があるため、長くお使いいただくキッチンですから施工会社にご依頼される方が確実です。当方でも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

■キッチン「パネル」とキッチン「タイル」の違い

パネルとタイルでどんな違いがあり、どのようなメリット・デメリットがあるのかを知っている方は少ないと思います。そのため「今はパネルが主流ですよ」と施工会社に提案されると、何も気にしないままパネルを選んでしまいがち。

パネルとタイルの明確な違いは何なのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットをおさえながら、「やっぱりパネルだね」と選んでいただきたいため、こちらでご紹介いたします。

○キッチンパネル

▼メリット
・表面がフラットで汚れにくく、お手入れしやすい
・タイルよりも安く、施工時間が短い

▼デメリット
・デザインの幅が狭い
・金属パネルは傷がつきやすい


パネルのメリットはそのお手入れのしやすさです。こまめに掃除をしていれば、何年経っても美しい状態を維持することができます。しかしタイルに比べるとデザインの幅が狭いため、個性的なキッチンがお好きな方には不向きかもしれません。

○キッチンタイル

▼メリット
・デザインの自由度が高い
・耐火性、耐熱性、防水性が高い
・耐久性があり、長く使える

▼デメリット
・油汚れが落ちにくい
・割れてしまうこともある
・施工に時間がかかる


タイルが主流でなくなった理由のひとつに、目地の油汚れが落としにくく、カビが発生する原因となることが挙げられます。こまめなお手入れは必須ですが、デザインの自由度が高い上、キッチンの壁に求められる機能を一通り兼ね備えており安心です。

▼お問い合わせはこちら

【代表直通/事務所】080-1290-4339/048-871-9652
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~18:00(日曜定休)
【対応エリア】さいたま市を中心に埼玉県内と、その他近郊エリア

一覧ページに戻る