LGS工事(軽天工事・軽鉄工事)

■建物の基礎に携わる工事

『LGS工事』とは軽量鉄骨(Light Gauge Steel)の略語で、壁や天井の下地における内装工事のこと。ビルや商業施設の内装はこの軽量鉄骨が使われることが多く、施工性・重量・耐火性能がよいことがメリットです。軽量鉄骨を格子状に組んで固定し、そこに壁や天井の下地材を組み合わせて基礎をつくる工事を『軽天工事』といいます。

軽天工事は建築物の下地に携わる工事ですので、建物の安全性にも関わってきます。つまり建物の安全や、そこを利用する方々の安心を守る工事ですので、施工には職人の技術力が欠かせません。佐藤内装ではあらゆる施工に品質管理を徹底し、安全・安心を兼ね備えた工事をご提供いたします。

 

■軽天工事について

現在ではビル・マンション・倉庫・学校・戸建て住宅など、あらゆる物件の内装に用いられるようになった軽天工事ですが、昭和50年以前は木材での下地組みが一般的でした。しかし軽天工事で扱う軽量鉄骨が、木材よりも耐火性がよく軽量であることや、軽天工事そのものの単価が安いことなどの複数のメリットが、軽天工事が普及したきっかけです。

軽天工事は建築物の下地に関わる工事ですから、下地がしっかりしたものでないと、その後のクロス張りや塗装工事に影響し、内観の美しさが損なわれてしまいます。また建物の下地ですから、その後の利用者の快適性や建物そのものの耐久性にも関わるため、施工には職人の技術力が欠かせません。現場に応じた臨機応変な対応が求められます。

○軽天工事のメリット

【1】耐火性に優れる
木造の骨組みと違い、軽量鉄骨は湿気に強く、燃えることがありません。建物が完成した後の消防検査も、鉄骨下地は審査に通りやすい傾向にあります。

【2】施工性に優れる
工場製作だけでなく、現場加工もしやすいため、複雑な形状にも対応可能です。

【3】リーズナブルな工事
材料を安く仕入れることができ、価格も安定しているため、総じて工事費用を抑えることが可能です。

【4】耐久性・耐食性に優れる
害虫・腐食などの心配がなく、軽量のため建物に対する負荷を軽減することが可能です。また鉄材のため、長期的な建物の強度と安全を保持できます。

▼お問い合わせはこちら

【代表直通/事務所】080-1290-4339/048-871-9652
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~18:00(日曜定休)
【対応エリア】さいたま市を中心に埼玉県内と、その他近郊エリア

一覧ページに戻る